デビットカードを申し込んで拒否されることはあり得る?


デビットは融資が行われないので審査はない

デビットカードを申し込んだ際、発行審査は行わないというのは銀行のページに記載されていることです。デビットは契約者の銀行口座経由で支払いを行うので、お金がなければエラーになるだけです。銀行はまったく懐を痛めないので、わざわざ審査を行う必要がありません。それは法人用のデビットカードでも同様です。ただ、ネットには「実は審査がある」とか「申し込んだけど落とされた」などの情報があるので、申し込んでも発行されなかったらどうしようと不安に思っている人がいるかもしれません。

発行を拒否されることはあり得る

では、実際のところ、デビットカードにまつわるネット上の噂の真偽はどうなっているのでしょうか。まず、「申し込んだのに審査で発行を拒否された」という噂について。法人用のデビットカードの場合、その可能性はあります。というのは、法人口座開設時の審査があるからです。法人口座が開設できなければ自動的に法人用のデビットカードも発行されないため、審査で落とされたという言い分はある意味、正しいといえます。ただ、法人口座は開設できたのにデビットカードの発行は断られたということはまずあり得ません。もし、ネットでこうした情報を見たら疑ってかかった方がいいでしょう。

申込時に信用情報をチェックするという噂は本当か

「デビットカードを申し込んだとき、密かに審査される」という噂についてはどうでしょうか。ここでいわれる「審査」とは、信用情報機関への問い合わせを指すものと思われます。たとえばクレジットカードを申し込んだ場合、カード会社は申込者の債務状況や返済状況を確認するため、信用情報機関に問い合わせて情報を閲覧するのです。もし、収入と比べてだいぶ多い借金があり、しかも、返済していないということがわかれば、ほぼ間違いなく発行を拒否するでしょう。では、デビットカード発行に際し、銀行は信用情報機関に問い合わせを行うのかというと、確かに銀行によっては規約にそのことが記されているところもあります。

審査はしないというのは事実

ただ、実際に信用情報機関に問い合わせを行うとは限りません。たとえば、銀行口座にお金がないときに客がデビットカードでの決済を試みて、システムの不具合などで決済が通ってしまい銀行がお金を立て替える形になったあと、そのお金を回収できなかった場合に限り、取り立てをスムーズに行うため信用情報を確認するかもしれない、という話なのです。予期せぬ事態に遭遇することもあり得るので、一応、信用情報を見るかもしれませんと書いておいた方がいいだろうということです。審査はないと書かれていれば、申し込み受付時に信用情報は見ないと考えてまず間違いないでしょう。

法人のデビットカードは、法人口座が引き落とし口座で、お店等で料金の支払いが銀行口座から即時に引き落とされる決済用のカードのことです。